ヘンリー 8 世 ドラマ

ヘンリー

Add: anebyn6 - Date: 2020-11-26 15:40:12 - Views: 500 - Clicks: 2029

See ヘンリー 8 世 ドラマ full list on colorfl. ひかりTVのスーパー!ドラマTVチャンネルで /1/12(日) 25:00 (深夜1:00)字幕/60分 ヘンリー 8 世 ドラマ 第1話「イングランドの王妃」 /1/19(日) 25:00 (深夜1:00)字幕/60分 第2話「王妃の落日」 /1/26(日) 25:00 (深夜1:00)字幕/60分 第3話「王妃の真実」 お楽しみに!. 2月に上演された、吉田鋼太郎と阿部寛のタッグで贈る彩の国シェイクスピア・シリーズ第35弾「ヘンリー八世」がこの夏、cs放送局「衛星劇場. キャサリンパー【ヘンリー8世の子女を育てた 優しく聡明な王妃】 スポンサーリンク.

本作品の最大の見どころは、ウォースリー氏自ら、ローマのバチカン国に出向き、世界で初めて、500年前のヘンリー8世がアン・ブーリンに宛てた自執のラブレターを本作品で公開した事です。(第1話) 案内役のウォースリー氏は、歴史の衣装をまとい、再現ドラマと現実を行き来して、このドラマチック宮廷劇を、噂好きのおばさんのような演技と共に、分かりやすく説明してくれます。 どちらかと言えば、再現ドラマは、ハイクオリティとは言えません。演技の質も制作費用も低いです。 (良い意味で)学校の歴史の時間に適していると思います。. ヘンリー8世がかぶった、その個性豊かな兜はやはり彼の性格をどこか象徴しているのでしょう。 頭の左右の端からはクルクルと巻いた羊の角みたいなのが生えております。 鉄仮面でなぜか丸縁眼鏡をかけたデザイン、鉤鼻(かぎばな)で、歯をニッと出し、なんだか不思議な妖精みたいです。 ちなみにこのデザイン、もしあなたが歴史漫画好きなら見た覚えがありませんか。 ある古田織部(ふるたおりべ)という武将であり超カリスマ茶人、という“へうげた”主人公の漫画、で主君織田信長様がかぶっておりました。. ウォースリー氏は、大英帝国勲章を授かった女性歴史家として有名です。オックスフォード大学で古代史、現代史を専攻し(優秀な成績で)卒業後、有名な邸宅で(歴史の)専門職員としてキャリアをスタートさせます。 現在では、テレビの出演から執筆活動まで、幅広く活動しています。 彼女は、舌が長い為、ロータシズム(Rの発音に問題が生じる現象)の傾向があるとして知られています。彼女の独特の低い声と、英国の上流階級の英語の発音が、歴史番組には、ピッタリマッチしていると思います。. コウノドリとヘンリー8世 海外にいると日本のドラマやCMの話題にどうしてもついていけなくなるね。 見終わったた感想は、わたし自身経験したことないけど、お産って大変だなあ、と。. 最初の妻を亡くしていたフィリップが、まだ王太子だった1554年に、メアリー1世と婚姻を結んだのはイタリアをめぐって対立していた「フランス」に対抗する意味もありました。 かわってメアリーがフェリペとの結婚を進めた背景には、母の出身国であるスペインへの愛着がありました。メアリーはフェリペに魅せられていましたが、フェリペはメアリーに対して冷淡でありました。メアリーは11歳も年上であり、フェリペはこの結婚に乗り気ではなかったのです。. More ヘンリー 8 世 ドラマ images. ヘンリー8世(Henry VIII, 1491年 6月28日 - 1547年 1月28日)は、テューダー朝第2代のイングランド王(在位:1509年 4月22日(戴冠は6月24日) - 1547年1月28日)、アイルランド卿、のちアイルランド王(在位:1541年 - 1547年)。. 【処刑された王妃 アンブーリン】とヘンリー8世の秘された物語 2.

【ジェーンシーモア】唯一の男児を生んだヘンリー8世の寵姫 3. ヘンリー八世役には、本シリーズで『シンベリン』『ジュリアス・シーザー』にも主演した阿部寛が登場!吉田鋼太郎とのタッグで、新たな最強王が誕生する! <あらすじ> 英国王ヘンリー八世の宮殿では、ウルジー枢機卿が勢力を強めている。. 百科事典マイペディア - ヘンリー8世の用語解説 - 英国王(在位1509年―1547年)。ヘンリー7世の次男。熱心な旧教徒であったが,アン・ブーリンとの恋愛や王妃との離婚問題のこじれから教皇と対立。1534年国王至上法を発して自ら英国国教会の首長となり,ローマ教会から離脱し,修道院を. 挙式をすませると、フェリペは13ヶ月ほどイングランドに滞在しただけで、スペイン領であったネーデルランドにささっと帰国。その後フェリペはスペインに戻り父から領土とスペイン王位を受け継いで、フェリペ2世として即位します。 次にフェリペがイングランドをおとずれたのは約1年半後のことでした。しかも妻に会う為ではなく、戦争への参加要請のため. イングランド女王となったメアリー1世は、ここぞとばかりにプロテスタントを迫害しました。異端者たちをとらえて改宗をせまり、拒否したものたちは次々と処刑されました。犠牲者は300人ほどにのぼり、彼女は後に「ブラッディ・メアリー」と呼ばれるようになったのはこのためです。 先に結果を申しますと、メアリーはカトリック復古を成し遂げることはできませんでした。ヘンリー8世、次のエドワード6世の治世で宗教改革が進んでいたイングランド。メアリーの治世も病によりそれほど長くなかったため、人々がカトリック復古を受け入れるには統治期間が短すぎたのではないか、ともいわれています。. .

See full list on histoire-p. See full ヘンリー 8 世 ドラマ list on kaigai-drama-eiga. 動画視聴で楽天ポイント貯まる楽天TV(Rakuten TV)!【ザチューダーズ/THE TUDORS~背徳の王冠~ シーズン3】時代劇・歴史劇の海外ドラマ。【あらすじ】一五三六年、ヘンリー8世とジェーン・シーモアの結婚式が行われた。クロムウェルとその配下の. 粛宗(スクチョン:숙종) と ヘンリー8世 。 韓国ではこの2人が、よく比較対象とされているのはご存知でしょうか? 時代からも世界的ネイムバリューからも、ヘンリー8世が元祖といえるので、粛宗(スクチョン)は韓国版ヘンリー8世だとか朝鮮版ヘンリー8世と言われているのです。. ヘンリー8世の4番目の妃で、ドイツのプロテスタントとの連携を模索していたトマス・クロムウェルの考えで迎えられた女性です。 ところが、当初彼女の肖像画を見て結婚を決めたヘンリー8世でしたが、実際に会ってみるとアンはそこまで美しい女性ではなかったのです。(画家が実際より美しく描いていたため) ただ一度決めた以上結婚を回避することは出来ず、2人は1540年に結婚。その半年後に理由をつけて離婚しています。 しかも、2人を結びつけようとしたトマス・クロムウェルはヘンリーに激怒されて失脚。最終的にロンドン塔で斬首刑になってしまいました。もといこの騒動には彼の失脚を目論む保守派の暗躍があったことは間違いありません。 アンは離婚後「王の妹」という称号と城を与えられて、彼女は6人の妻の中で最も長く存命することができたのです。性格も穏やかだったのかは分かりませんが、宗教にそこまで肩入れしている様子がなく、ころころと改宗しています。気難しいメアリーとも、宗教が違っていたにも関わらず良好な関係を築いていたそうです。.

いきなり【ネタバレ】 「ヘンリー8世と6人の妻たち」は、ドラマではありません。 ヘンリー 8 世 ドラマ 新感覚/新しいスタイルの番組でも、ありません。 英国では、当たり前のスタイル(どちらかと言えば、古いスタイルの)歴としたドキュメンタリー番組です。 大学等で、イギリスの歴史を専攻している方には、とても良い番組です。 または、イギリス英語をがっちり聞きたい/学びたい方にもオススメです。. チューダーの怪物、ヘンリー8世です。今に残る少年期の肖像画でヘンリーはほっそり痩せていてイケメンなのに、一体何があってあんなことに. 1507 アンが生まれる。アンは新興貴族出身。 1512 父トマス・ブーリン()は駐仏大使として、ブルゴーニュの首都ブリュッセルに赴く。 1513(アン6歳) アンがフランス留学(マルガレーテの宮廷)。 1514 イギリスとスペインの関係が悪化。これにより、アンはハプスブルク家のマルガレーテの宮廷を離れ、フランス王フランソワ1世のクロード王妃の宮廷に移る。1522年まで滞在。 1516 メアリー(のちのメアリー1世)が生まれる。 1522頃(アン15歳) イングランドに帰国。キャサリン王妃の侍女として出仕する。 1526頃(アン19歳頃) ヘンリー8世(35歳)の眼にとまり、求愛される。 1533(アン26歳) 1月:アンはヘンリー8世と密かに結婚。9月:エリザベス誕生。王子の誕生を願っていたヘンリー8世は激怒した。ヘンリーの寵愛は、ジェーン・シーモアに移る。 1536(アン29歳) アンの裁判。罪状は、反逆(国王暗殺)、姦通(姦通相手は5人の男とされたが、その1人は実弟)、近親相姦(実弟との近親相姦)、魔術であり、死刑判決。ロンドン塔で斬首刑に処せられた。娘エリザベスは庶子となり、王女の称号と王位継承権を剥奪された(エリザベスの王位継承権は1543年の第三王位継承法によって復活した)。 ⇒*【女性】メアリ1世とエリザベス1世ー王位継承権をめぐって. 「the tudors〜背徳の王冠〜」は、ヘンリー8世の物語。 イギリス史のなかでも、ひときわ輝いている王様のひとりです。 そのヘンリー8世のドラマがあったなんて・・・。 残念ながら、わたしは観ておりません。 本当に残念です。. ジェーンが担がれて女王になったのは、彼女がプロテスタントだからであり、 母キャサリンの影響で敬虔なカトリックだったメアリーは、イングランドのカトリック復古を目指していたからです。. ヘンリー 8 世 ドラマ ヘンリー8世より6歳年上。教養もあり、思慮深い良妻だった。離婚後、反ヘンリー8世勢力とともに、自分の名誉とカトリック巻き返しのために戦うことも可能だったが、英国に内乱が起こるのを好まず、イングランド王妃としてでなく、「Princess Dowager of Wales」の名で逝去することに甘んじた。.

ヘンリー8世は1533年にキャサリン王妃と離婚し、王妃の侍女であったアン・ブーリンと結婚。メアリーは庶子に落とされ、あろうことかアンが産んだエリザベスの侍女にされたのでした。またメアリーは父と母の離婚を頑として認めず、ヘンリー8世もアンが王妃となった間は一度もメアリーに会わなかったといいます。 しかしアンにも女児しかできず、その後もヘンリー8世は次々と王妃を変え、結果的に男児3人の子女だけが嫡子として残ったのでした。王妃との離婚が決まるとメアリーの王位継承権は剥奪されたのですが、6番目の王妃キャサリンパーの後ろ盾により復活します。(参考記事:キャサリンパー【ヘンリー8世の子女を育てた 優しく聡明な王妃】) スポンサーリンク. 奥さんに関しては、 1人目 のキャサリン・オブ・アラゴンは元・兄の奥さん。 お兄さんが早くに亡くなり、ヘンリー8世が彼女をむかえることになりました。 しかし、ヘンリー8世は気に入らず離婚。 2人目 の妻がアン・ブーリン。. 1487年 スペイン王家の末子として生まれる。父はアラゴン王フェルナンド2世、母はカスティリア女王イザベル1世。 1489年 イングランド王ヘンリー7世の長男アーサー(王太子:年)と婚約。 1501年 14歳でアーサーと結婚。持参金は巨額にのぼった。生来病弱のアーサーがまもなく死去。アーサーの弟ヘンリーと婚約(キャサリンがスペインに戻ると、持参金を返却しなければならなかった)。 1509年 ヘンリー8世の即位とともに再婚、イングランド王妃となる。この結婚は、教会法が禁じる近親婚にあたるため(本来は婚姻無効)、教皇ユリウス2世が特免を与えて許可した。 ①旧約聖書「レビ記」(「人もし兄弟の妻を娶れば汚らわしきことなり」)に触れる恐れがあった。キャサリンはアーサーとは性的関係がなかったことを宣誓した。 ②カスティーリャ・アラゴン両王家はランカスター家(ヘンリー8世の父方の祖先)、ヨーク家(母方)とそれぞれ姻戚関係にあったため、アーサー、ヘンリー兄弟にとってキャサリンは父方でも母方でも遠縁に当たった。 1516年 メアリ(1世)を出産。流産・死産を繰り返し、無事成長したのはメアリのみ。 1533年 ヘンリー8世から婚姻無効を言い渡される。娘メアリは婚外子とされる。その後も死ぬまで離婚を認めず、監禁生活に近い状態ながらイングランドにとどまった。1536年死去。. キャサリンはスペインのアラゴン王フェルナンド2世とカスティリヤ女王イザベラの第4王女として誕生します。そして彼女が3歳の時には、ヘンリー8世の兄・アーサーの婚約者となっていました。 ただ、1501年に結婚するもアーサーはわずか半年足らず、15歳の若さで死去。 元々アーサーとヘンリーの父、ヘンリー7世が「我が息子は正当な後継者」というのを世間に知らしめるために、苦労して強国スペイン王国から迎えた妃がキャサリンでした。 ヘンリー7世は努力の末手にしたスペイン王家との婚姻関係を維持するためにも、次男のヘンリーに彼女をあてがったのです。そして、ヘンリー8世が即位した直後に2人は結婚します。 (ただ、この頃ヘンリー7世の妃エリザベスが産褥死していたため、ヘンリー7世の後妻としてキャサリンを迎えようとしていたそうです。失礼極まりないとして、スペイン側が激怒したため白紙にされたようですが。) さて、結婚当初ヘンリーとキャサリンの夫婦仲は良かったようですが、なかなか世継ぎに恵まれません。ようやっと生まれたのが、メアリー王女でした。 しかしその後も男子を授かることもなく、次第にヘンリー8世の愛は愛人のアン・ブーリンへと移っていってしまったのです。最終的にヘンリー8世はトマス・クランマの法廷で離婚が認められ、アン・ブーリンと再婚。キャサリンは軟禁状態の身となってしまいます。. ヘンリー8世が愛したとも言われるジェーン・シーモア。彼女はキャサリンとアンの侍女をしていた女性です。美女というわけではなかったのですが、控えめで物静かな様子がアン・ブーリンとは違っていました。また王と同じカトリック信徒だったこと、周りが彼女と王の仲を取り持ったことから関係は進んだようです。(ヘンリー8世と彼女は幼馴染だったらしいです。) アン・ブーリンの処刑後、ジェーン・シーモアはヘンリー8世の三番目の王妃として結婚。1537年10月12日に待望の男子エドワードを出産します。 しかし難産だったことで体力が回復せず、ジェーンはそのまま10月24日に亡くなります。 ちなみにジェーンには兄が2人おり、ジェーンの結婚と出産は彼らの出世にもつながっていました。シーモア家の勃興に貢献した女性となったのです。.

(メアリー1世の肖像画) ジョン・ダドリーの画策によりジェーン・グレイはイングランド女王になったわけですが、もちろんメアリーにとって気持ちのよいものではありませんでした。というのも、 1. そこでメアリー軍と彼女を信仰する人々が蜂起し、ジェーン・グレイを女王に擁立した人々を捕えて処刑。ジェーンの在位はわずか9日。これにてようやく「メアリーが女王」として即位することになったのです。(参考記事:【Nine-Day Queen 在位9日の女王】ジェーングレイは、何故処刑されたのか). それにしても、メアリーの肖像画を時系列をみていくとメアリーの表情が、どんどん険しくなっていく気がしませんか。子供の頃から父母のゴタゴタをみて、王位継承権があるのに横取りされかけ、カトリック復古に力を注ぐもうまくいかず結婚もいまいち。生き方は顔にでるといいますが、色々と苦労を重ねた結果でしょうか、たくさんの命を奪ったからでしょうか。またはプロテスタント派が、カトリック復古に力を注いだメアリーに恨みをもち、あえてこのような怖い表情の絵を描いたのかもしれませんね。(女王となったエリザベスの人生についてはこちら 【悲劇の王妃の娘 エリザベス1世】生涯独身を貫いた女王の素顔にまとめております) この記事を読んだ人へおすすめの記事 1. ヘンリー8世 : ジョナサン・リース=マイヤーズ (日本語吹き替え: 綱島郷太郎 ) トマス・ウルジー : サム・ニール ( 佐々木敏 ) アン・ブーリン : ナタリー・ドーマー ( 鍋井まき子 、 松岡依都美 (シーズン4のみ)). 次の妃に選ばれたのは、クレーヴズのアンの侍女キャサリン・ハワードでした。 彼女はノーフォーク公ハワード家の血筋の女性で、アン・ブーリンとは従姉妹です。ただし、名門ハワード家といっても周辺(末端)の家だったため、令嬢の生い立ちや教養はあまりなかったようです。結婚当時1540年はまだ20歳。それが50歳に近い王と結婚しなければならなくなったのです。 教養不足やメアリーとの不仲等もあり、また王の関心が薄れてゆきます。 結婚する前に付き合っていた男性との密会が露見して、姦通罪により1542年2月2日に処刑されてしまいました。アン・ブーリンの反逆罪や姦通罪は濡れ衣でしたが、キャサリン・ハワードは黒だった見方が有力です。.

兄の未亡人キャサリンと結婚(父ヘンリー7世とスペイン国王フェルナンド2世の協定)。しかし、男子が産まれない 1. 私はあの兜を見ているとギリシャ神話の牧羊神パンを思い起こしてしまいます。 パンは時に人々の心を狂わせます。 パニックの語源となっております。 ヘンリー8世の年表を含む【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。 関連記事 >>>> 「ヘンリー8世とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」. 今回はヘンリー8世について紹介します。ヘンリー8世は生涯6度も結婚を繰り返し、その度に数々の騒動を巻き起こしてきました。イギリス史上. ヘンリー8世とその女性関係、及び生涯を描いたドラマが、この『チューダーズ/THE TUDORS』です。. (ある意味、カリスマ性があった)ヘンリー8世は、当時カトリック教の国であった英国で、(バチカンへの不満と、自分が離婚をしたいが為に)英国聖公会を成立した事で、歴史的に有名な王様です。 彼は、1509年から1547年にかけて、自分の権力を最大限に使い、戦争、国政を次々と実施していき、自分の妻2人を含む多くの人々を、処刑台に送りました。 彼は、(王位を狙っているライバルの貴族から、チューダー家を守る為)男の子を授かりたい動機から、(男子を産まない)妻を次々と変えて行きます。その結果、11人の子供を授かり、この子孫たちが(政略結婚で)ヨーロッパ中に散らばった結果、大英帝国を築けるような偉大な国へと成長する基盤を作る事に繋がっていく訳です。 同時に、英国をカトリック教と英国聖公会に二分して、混乱の時代へと導いてしまします。 ヘンリー8世のドラマチックな歴史(昼ドラ並みの恋愛ドラマと人間関係、血みどろの権力闘争、宗教改革)は、度々、愛憎劇として映像化されています。最近では、ヘンリー8世を描いた海外ドラマ「THE TUDORS〜背徳の王冠〜」がヒットしています。 国教を創設した人物でもある為、英国では、この部分の歴史を(何も隠さずに)小学校でみっちり学習します!. 【Nine-Day Queen 在位9日の女王】ジェーングレイは、何故処刑されたのか 4. →結婚の「無効」を主張 →教皇クレメンス7世は結婚を「有効」とし、ヘンリーを破門.

メアリー1世は、1516年2月18日にヘンリー8世とキャサリン王妃の子として誕生しました。彼女はヘンリー8世夫婦が結婚してから6年半、ようやく無事に産まれた子供でした。彼女の父はテューダ朝の正統な王、母は名門スペインハプスブルク家の出身という大層なものでもありました。 (テューダー朝家系図) ヘンリー8世は当初メアリーの王位継承も考えていました。しかしそれでも男児を欲したのは、「新しい王朝の下でのイングランドの舵取りは、女性の王では手に余る」と考えたためだといわれています。そこで今度は若く、子供も産めそうな、キャサリンの侍女アン・ブーリンを寵愛するようになります。. See full list on ch-gender. ヘンリー8世がこの兜をかぶって出陣をした戦争は、あの兜も真っ青なくらい“?”です。 応仁の乱や南北朝争乱ですら、まだわかりやすいです。 その名もカンブレー同盟戦争。 何がすごいって、敵味方の変わり身が早すぎて多すぎて。 初めは 1499年 〇ヴェネツィア、フランスvsミラノ● だったのに、今度はローマ教皇ユリウス2世(ミケランジェロを悩ましたなかなかのくせ者ぶりで有名です)が 「ヴェネツィアをやっつけるぞ」 と呼びかけ、 1509年 ○神聖ローマ帝国、フランス、ローマ教皇vsヴェネツィア● やばくなったヴェネツィアはさすがに商業で成り上がった伝統のしたたかさをここで発揮。 「うちがやられたらフランスやオスマントルコが手に負えなくなりますよ」 とユリウス2世に吹きこむと、 1511年 ○イングランド、神聖ローマ帝国、ローマ教皇、ヴェネツィア、スイスvsフランス● ここでイングランドが出てきましたね。 ところが今度はその後始末をめぐって列強が仲間割れ。 フランスとヴェネツィアが手を組みます。 さらに敵の敵は味方、とばかりに彼らはスコットランドを味方に引き入れ、イングランドをおそわせます。 1513年 ○イングランドvsスコットランド● また、 ○スペインvsヴェネツィア● そして、 1515年 ○フランスvsローマ教皇、スイス●. 最後、6番目の妃になったのがキャサリン・パーです。彼女の父は貴族ではなかったものの、エドワード3世の血統にあたる人物で、州長官も勤める重鎮でした。 実はこのキャサリンは未亡人で、17歳の時に結婚。数年で死別。翌年に倍以上年の離れた貴族と再婚するも、1543年にその夫も死亡してしまいます。 彼女の母がキャサリン・オブ・アラゴン(ヘンリー8世の最初の妃)に仕えていたことから、メアリーと関わるようになります。そこでヘンリー8世に見初められます。彼女の教養の高さに惹かれたようです。 実はこの頃にはジェーン・シーモア(ヘンリー8世の3番目の妃)の次兄トマス・シーモアと交際を始めていました。50代になっていたヘンリー8世は、この邪魔者を追い出して彼女に求婚します。 前の王妃たちの辿った道を考えた時、彼女は悩みましたが結局求婚を受け入れ1543年7月にヘンリー8世と結婚します。 メアリー1世の記事でも書きましたが、彼女は教養高く優しい女性で、散り散りになっていた国王一家の関係の修復に心を砕きます。メアリーにとっては、彼女の母は自分の母に仕えた人。高い教養を兼ね備えた信頼出来る女性でした。エリザベスにしても、初めての「母らしい母」と呼べる女性で、大変懐いたと言います。エドワードも当然、彼女を慕いました。 キャサリン・パーはプロテスタント信者で、のちのエドワードの政治がプロテスタントみを帯びていたのも、彼女の影響があったのかもしれません。 肝心の世継ぎは生まれなかったものの、ヘンリー8世自身も彼女を良きパートナーと認めていました。自分が不在の時には、王に代わり摂政を任せた程です。 1547年1月28日にヘンリー8世が55歳で崩御すると、以前の交際相手だったトマス・シーモアと再婚します。ヘンリー8世の遺言から、この先豊かに暮らせるだけの財を与えられたにも関わらず、宮廷を出たキャサリン・パーはエリザベスを引き取り、一緒に暮らします。 富を得た彼女に、経済的な理由で結婚する必要はありません。やはり、そこにはトマスへの愛があったのでしょう。 しかし、夫トマスはエリザベスとスキャンダラスを起こしてしまいます。この時、キャサリン・パーは初めて妊娠していたのだから、醜悪な話です。エリザベスは彼女の元を離れざるを得なくなりました。 母として慕っていたキャサリン・パーとの別れは永遠のものでした。. ドキュメンタリーとドラマが融合した新感覚英国ヒストリー『ヘンリー8世と6人の妻たち』が独占日本初放送 歴史上有名なヘンリー8世の6人の妻たち。�.

ヘンリー 8 世 ドラマ . →レビ記「人がもし、その兄弟の妻をとるならば、これは汚らわしいことである。彼はその兄弟をはずかしめたのであるから、彼らは子なきものとなるであろう」 3. ヘンリー8世の妻として生き抜こうとした6人の妻たちの真実の物語。 時は16世紀(1510年)、恋愛結婚したヘンリー8世と1人目の妻キャサリンは“前進あるのみ”の夫婦で、結婚における彼らの使命は王朝を永続させることだった。. あとからWikipediaなどでヘンリー8世やアン・ブーリンなどのことを調べてみたら、長編ドラマである「The Tudors」の方はかなり細かいところまで当時の記録や歴史的事実に基づいて演出されているということが分かり、いろいろ勉強になる。. シーズン1~4まであり、ヘンリー8世が王位を継承するところからはじまりヘンリー8世の生涯が分かるドラマとなっています。 昼ドラのようにドロドロした話であり、若干事実とことなる部分があります。. 世界的にヘンリー8世と言えば、“自分勝手”の代名詞のようなあつかい。 文武に大変秀でた人ではあったのですが。 6人の奥さんと結婚したことで有名です。 すぐに目移りして、離婚・結婚を繰り返すのです。 ここはまだ近世のクリスチャン。 離婚・重婚が厳しく禁じられていた時代に、です。 また、この時代の“知の象徴”ともいうべきトマス・モアを処刑してしまったことでも知られております。 ちなみにトマス・モアといえば、時の社会や政治を風刺(ふうし)した著作『ユートピア』が有名です。 世界史テスト対策なら、ぜひセットで覚えておきたいところです。. キャサリン・オブ・アラゴン(離婚、24年) 2. 多くの人に反対されながらもメアリーが結婚したのは、スペインハプスブルク家のフィリップでした。フィリップ1世の父カール5世は、婚姻を通じてハプスブルク家の重鎮となった人物。1556年に自ら退位し、そこでスペインをはじめとする領土のほとんどを継承したのがフィリップ(即位してフェリペ2世となる) です。当時スペインは最盛期を迎えており、中南米やフィリピンなど世界各地に領土がありました。.

ヘンリー 8 世 ドラマ

email: mohiv@gmail.com - phone:(422) 776-7438 x 6813

志村 けん の 赤ちゃん - Sayang

-> 銀色 の 髪 の アギト
-> 人生 の 意味

ヘンリー 8 世 ドラマ - イケメン


Sitemap 1

ヘンリー 8 世 ドラマ - コンシム